自然な出会いで新しい世界が広がる キャンディーズインターナショナル

Eccentric Blind Historys

全盲ヒトカラ革命!

身近なエンターテイメントであるカラオケ。しかしこれが文字が見えない、見えにくい人にとっては気軽には楽しめなくなっているのではないでしょうか。
大きな駅周辺には必ずといっていいほどにカラオケボックスがあり、みなさんは気軽に歌って飲んで楽しんでいるというのに、見えない、見えにくい人、もしくはそのような障害を持った人同士で一緒に行った場合では楽しめない現実があります。

私を含め、白い杖を見るなりこう言われた方は少なからずいるのではないでしょうか。
「曲の代理の入力は出来ない」
「部屋まで時間がなくて誘導出来ない」
「忙しくてトイレまでの誘導が出来ない」

カラオケ業界は過当競争が熾烈で、どんどんリーズナブルになり店員も削減されるデフレの象徴。友人も働いていましたが、とにかく忙しく気が休まる暇がないという意見も出てきました。一部屋を掃除をしてセッティングをするのに約1分程度ということです。
ただ、サービス業である以上、障害者差別禁止法を持ち出すことなく、ホスピタリティーを高め接客するのが全てのサービス業に求められるものだと思います。

視覚障害者の側もあまり店員さんにご迷惑をおかけしたくないので、できるだけ配慮していると思います。
「フロントから近い部屋で、店員さんが来やすい広くて少し高い部屋でもいい」
「曲はリストを作って持っていくのでそれを入力してもらえばいい」
「同じアーティストを五十音順で入れてもらえればいい」
「ドリンクバーではなくワンドリンク制にしたり、マナーを守って料理を注文する」

このように店員さんの負担を軽減し、配慮しても冷たい口調で「当店は代理の入力は致しませんと、冷ややかに入店拒否をする大手カラオケチェーン店が少なからずあります。あえて言うと、客を視覚障害者だからというだけで差別に当たる行為をするカラオケボックスが多い現状です。
もちろん、店員さんと仲良くなり、スムーズにデンモク(電子目次)を操作してくれるお店もあります。ただ店員さんは入れ替わりが激しいので、慣れてきたと思ったら辞めてしまうということもすくなくありません。
多くのカラオケ店が視覚障害者を(少なくとも私の経験則ではありますが)煙たがる傾向にあると言わざるをえません。

そんなカラオケ難民のみなさまに朗報です!
一部機種ではスマホで入力が出来る物もありますが、同期させたり、入力が難しいということがあります。現時点では、ガラケーからスマホへの過渡期にあるので、数年間は今回のような記事が有効ではないかと思われます。
そもそもスマホはタッチパネルでユニバーサルデザインではないので、使っていないという方にもお勧めしたいものがあります!

これです!
ジョイサウンドを展開する株式会社エクシング「ジョイサウンド 曲番号転送リモコンJR-90」
古式ゆかしい、視覚障害者の味方の10キーを採用しています!
上部にはタッチパネルで操作が出来るボタンがあります。
10キーの下には曲番号をカラオケの機械に長細い転送するボタンがあります。構造はいたってシンプルです!この失礼ながらのローテクが視覚障害者、あるいはご高齢者や外国の方で入力が難しい方でも、曲番号さえ分かれば簡単に入力が出来る操作性抜群の優れものです!

曲番号の検索は簡単です。パソコンで検索するだけで分かります。「アーティスト名」・「曲名」・「ジョイサウンド」と入力すれば直ぐに検索出来ます!

■ 例 ■
アーティスト名: キャンディーズ
曲名: 『年下の男の子』
曲番号: 191821

このような情報が直ぐに見ることが出来ます!一度検索をしたらそれをEXCELや拡大した文字などで書いておけばさらに読むのがスムーズになるでしょう。
パソコンが操作出来ない方は、ICレコーダーに曲番号を吹き込んでおけば、好みの曲を入力出来ます。
私が使っているJR-90は10キーは軽く触ると少し押した感触が伝わるのですが、上部と下部のタッチパネルの部分には点字シールを貼っています。
テレビのリモコンのように「5」には突起がないので、その部分には少し大き目のシールを貼りました。その他の数字のボタンには点字シールを貼っています。

エクシング様にこのページを読んで頂いたところ、さらに操作性が向上する技を教わりました!
番号の転送は数字を数桁入力した後、一括して送信するモードと、一つ一つの番号を転送する二つのモードがあるとお教え頂きました。
一括送信の場合、10キーを押した時には「ピピ」と音はしません。一つ一つ転送する場合ではボタンを押すごとに「ピピ」と音がします。後者の場合の方が、押したのかそうでないかが分かるので、入力ミスが防げます。また、他の人が歌っている時でも、耳のそばに充ててボタンを押せば、その「ピピ」という音が聞えて、連続して歌うことが可能です。

タッチパネルのディスプレイにはガイド音のオンオフ・拍手・ピッチ・テンポのボタンがあり、操作可能です。私はガイドメロディーが歌う時に邪魔になるのでいつも消したいので重宝しています。拍手は寂しがり屋さんには使うと楽しいのではないでしょうか。
タッチパネルのディスプレイに点字シールを張って、各々が使いやすくカスタマイズ出来ます。
この機種の場合には演奏停止ボタンには突起がついているので誤って入力してしまい、他の曲が流れてしまった場合、演奏停止が出来るので、これは重宝します。ただ誤入力しても知っている曲なら歌ってしまうというのも楽しいかもしれません。カラオケロシアンルーレットでしょうか。

このリモコンは多機能ということもあり、定価が2万円します。ジョイサウンドを展開しているエクシング社では一般の方には販売しないということです。ただ事情を説明すれば購入出来るかもしれません。
私の場合は、インターネットで中古を譲ってくれるサイトがあるので、1/4以下の値段で譲ってもらいました。
古い機種のWAVEから新しいMAX2といいう機種でも動くので汎用性があります。当然ながら他社であるライムダムでは動作しません。
いつでもどこでもカラオケボックスに行きたい時があるので常に携帯しています。
カラオケ店にお願いなのですが、大きいカラオケボックスでは視覚障害者が苦労している現状を知って頂き、曲番号転送リモコンを店に一つは置いて、視覚障害者のために配慮してもらえれば助かります。
見えない、見えにくい方へのお勧めしたい一品です!

余談になりますが、トイレに行きたくなった時、忙しいという店員さんたちに迷惑をかけないように、普段視覚障害者がそうするように、部屋のノブにこのようにゴムなどを巻けば、向かう時だけ誘導してもらい、帰る時は待ってもらわずに一人で帰ることが出来るので、迷惑をかける、気をつかわせてしまうことがないでしょう。このようにリボンのヘアゴムにすれば何となくファンシーで楽しいです!

 

 

 

これが世界でも貴重な数少ない電子点字歌詞カード!
以前から点字の歌詞カードがあるとは聞いていました。何か書斎のようなところに点字の本が並べてあるものだと思い込んでいました。
ところが、カラオケのディスプレイに映っているような歌詞を、この点字の機械で浮き出させてくれる優れものです!
おおよそ40マス程度に表示され、それを指で読むことが出来ます。1ますだけに出るのではなく、通常のカラオケのディスプレイに一行に行表示されるように、点字でもおおよそ4小節分程度表示されます。
点字を早く読める人にはお勧めです!
少し操作してみましたが、私には全く分かりません。一文字読んだと思ったら、次の歌詞に変わってしまいます。例えばキャンディーズの『春一番』は音楽用語では「アニマート」(元気に、速く)になるかと思います。テンポ150くらい。平たく言えばメチャ早いので、全く追いつきません。
「雪が解けて」など、全部読まなくても、最初の1小節が分かれば歌えるというケースもあると思いますのでその場合は有効かもしれません。

ただこれはプロトタイプだと思うので、点字の機械は高い上に開発費を合算すると莫大な金額と手間がかかったのではないでしょうか。
この機械には写真にあるようにパソコンが繋がっています。恐らく特殊なソフトで点字の機械に情報を伝達させているのではないでしょうか。本人映像の曲では動かないというお話です。

点字の使用者は小さいころに失明したり、成人して失明してそうとう努力して点字を習得した方が使用しています。ご高齢者が成人病が原因で失明するケースが多いので、新たに点字を習得出来る方は減っている現状です。以前は視覚障害者の中で点字使用者は1割と聞いていましたが、ITの進化や音訳のデータが簡単に操れるので、中途失明の方で点字をスムーズに読める方は激減していると推測出来ます。

歌詞は何度も聴いて歌って覚えてしまえばいいので、点字使用者ではなくても、カラオケは前述のリモコンでも操作可能なので、楽しくカラオケライフが楽しめるでしょう。
私の場合は1番と2番の歌詞が混ざる時があるので「ラララ」と歌ってごまかします。何度も聴いて歌ったりすれば歌詞は自然と覚えると思います。

このように、視覚障害者へもカラオケを楽しんでもらいたいという株式会社エクシング様には感謝申し上げたいです。

この記事のように、視覚障害者のみなさまへの生活をする上での処世術を、今後もキャンディーズインターナショナルでは発信していきます!

このように視覚障害者の生活をもっと知りたいという方がいらっしゃれば、弊社の取り組みである「アソシエイト講演会」で講師陣を派遣して講演会をおこなっています。
また、企業で視覚障害者のアクセシビリティを向上させるような取組のモニターに関しても、積極的に参加してお手伝いをさせて頂いております。

アソシエイト講演会のご紹介
お問い合わせフォーム

作家 石井宏幸

最近の投稿

カテゴリー

お問い合わせ・ご相談・お申し込み