自然な出会いで新しい世界が広がる キャンディーズインターナショナル

石井個人のブログ

キャンディーズの曲 『迷える羊』

キャンディーズ4枚目のシングル『なみだの季節』のB面に収録されたバラード風の曲。『涙の季節』同様、作詞千家和也、作曲穂口雄右による。
壊れてしまうかもしれない淡い女の子と男の子の関係をセンチメンタルに歌っている。愛しているが今後の関係がどうなるか不安になる。どうしたら上手く進むのだろうか迷いがあるというのがタイトルの『迷える羊』なのだろう。

リリース: 1974年9月1日
初出アルバム『なみだの季節』
作詞: 千家和也
作曲: 穂口雄右

楽器編成: トランペット1 Eギター2 Eベース1 ハープ1 vl1部 vc1部 タンバリン コンガ ドラムス

構造としては基本的にスーが主旋律を歌い、随所にラン・ミキのコーラスが追いかけるように入る。コーラスの一部は2声になる箇所もある。B”パートでは主旋律が3人のハーモニーになる。
冒頭の滑らかなトランペットと風のようなハープが印象的なイントロで始まる。ギターがワウをかませてコードを引いていく。所々別のギターが装飾音を奏でる。
歌のベースを構築するのはヴァイオリンとチェロとなっている。短い間奏部分では心が揺れるようなチェロのトレモロが入る。コーダはヴァイオリンのディミネンドで締めくくられる。

作家 石井宏幸

最近の投稿

カテゴリー

お問い合わせ・ご相談・お申し込み